電気化学セラミックリアクターを用いNOxとPMの同時除去
電気化学セラミックリアクターでの酸化還元反応により、酸素共存下でもディーゼル排ガス等の固体炭素系化合物(PM)の酸化とNOxの浄化を同時に行える。
従来のPMフィルター方式と異なり、再生処理は必要とせず、アルミン酸カルシウム (Ca12Al14O33)を混合したセラミック電極で生成する活性な酸素により固体炭素等を連続的に除去可能。
ディーゼルエンジン等の排ガス処理において新しいゼロエミッション排ガス技術として期待できる。
熱効率のよいディーゼルエンジンを用いて、ZEV(ゼロエミッションビークル)の可能性があるとは技術の進歩はすごいものです。
エンジン技術っていうのは、まだまだ未知の可能性があるんですね。

エネルギーの有効利用と環境保全を両立させたサスティナブルな社会を支えるためには、材料の機能性向上による高効率なシステムへの移行が必要である。化石燃料から動力へのエネルギー変換効率が高い燃焼方式としてディーゼルエンジンが知られるが、排ガス中の酸素濃度が高く、触媒でのNOx連続浄化が難しい。さらに、炭素系微粒子等のPMが多く含まれその同時除去が強く望まれている。

 既存の技術として、NOx等の有害物質は金属三元触媒等の活性触媒を利用して還元分解し、PM等の固体物質は化学的に分解することは難しいため後付け装置としてフィルターにより物理的に除去が行われている。しかしながら、フィルター等を利用する場合、定期的な交換・洗浄等が必要である。よって、 NOxの分解と同時に、燃焼しにくい固体炭素や分子量の大きな炭化水素等を完全かつ連続的に酸化分解する技術の開発が必要とされている。

 酸化分解および還元分解を同時に行う手段として電気化学的に反応を制御する方法がある。特に、高温排ガス浄化においてはイオン伝導体セラミックスを用いた電気化学セルを利用し、電極での分子選択性を向上させ、酸素共存下でも低電力で還元分解を進めることに成功している。また、このとき電気化学セルでは固体電解質中へ NOxの酸素分子を固体中へ引き込み排出すること(酸素ポンピング)により還元反応を進めるため、反応過程で活性な酸素の放出を伴う。それらを有効に利用するセル構造により PM等の固体炭素を酸化燃焼させ、排ガス中の有害物質を同時且つ連続的に除去することが期待できる。
トルク感のあるディーゼルエンジンは実用車のエンジンとしては良好なものなのではないでしょうか。

CVTと併用すれば燃費向上の可能性もまだまだあるのではないでしょうか。