風力発電回転翼MSN-Mainichi INTERACTIVE 今日の話題 
被害があったのは標高800〜1000メートルの高原に建設された風車43基中、遠野市側の1基と大槌町側の2基。風車は高さ68メートルの鉄製塔に長さ29.5メートルの強化プラスチック製回転翼3枚を取り付けているが、3基とも翼1枚が根元近くから折れ曲がり、一部は先端部が欠損した。
強度計算に不備があったのか、想定以上の強風だったのか?
安全率はどれくらいにとっていたのでしょうか?
設計上の問題がなければ製作上の問題があったのでしょうか?

いずれにせよ環境対策で必要不可欠と考えられている風力発電にも課題は多々あるかと思います。今後に期待ですね。
安倍川河口のやつは大丈夫なんでしょうか?