地域ニュース 東部 
モビリタでは、トヨタが1987年から展開してきた安全運転プログラム「トヨタドライバーコミュニケーション」をべースに広大なフラットコースを使い、「走る、曲がる、止まる」の限界を安全に体験することができる。
 トヨタでは、モビリティ社会の究極の目標である交通事故死傷者ゼロの実現に貢献するため、人、クルマ、交通環境を三位一体と捉えた交通安全への総合的な取り組みを推進している。同モビリタはその一環としてオープンする。
富士スピードウェイにオープンする「トヨタ交通安全センター モビリタ」に関する記事です。
ホンダは昔からこのような施設を利用して2輪&4輪の講習をおこなっていました。
私も「レインボー浜名湖」で講習を受けたことがあります。
滑る路面でのブレーキ実習や、反射神経を試す実習などいろいろとやりました。

トヨタもやっと人間が主体となる交通安全について考えるようになったのかと思います。