中日新聞ホームページへようこそ
改正道路交通法が1日施行され、高速道路と自動車専用道路でのオートバイ(排気量125cc超)の2人乗りが解禁される。ライダーや二輪車販売店は歓迎するが、高速走行には常に危険がつきまとう。各県警は事故防止のため、高速道での啓発活動などに乗り出す。
本日から高速道路でのバイクの二人乗りが解禁です。

賛否両論ありますが、安全については自己責任であると思うし、便利なことを求めるが故のリスク管理も必要だと思います。
一般道よりは安全な部分もあるのかもしれませんが、二人乗りで落ちてしまった同乗者を轢いてしまった場合には後続車の責任になってしまったのでしょうか。

先日のバスの事件でも、轢いてしまった後続車はどうしようもなかったと思います。
そのドライバーも不幸です。
自殺してしまうほど良心の呵責にさいなまれたと思います。
残念な事件です。

こんなトラブルが起きる可能性は否定できませんが、バイクの皆さんも含めて、すべてのドライバーの皆さんに安全運転をお願いしたいと思います。