地域ニュース 浜松・西部
多くのライダーにとって長年の夢だった高速道路でのオートバイ(125cc超)の2人乗り走行が1日、原則解禁となり、浜松市を中心とする愛好家グループが同日未明、妻や恋人をタンデムシートに乗せて“初乗り”に繰り出した。運転者は30―60代で、いずれもバイク歴20年以上のベテランばかり。先月27日、細江町の教習所で高速2人乗り講習を受け、安全への配慮を万全にして臨んだ。途中、浜名湖サービスエリアで一服した参加者は「待ちに待ったかいがあった」「気持ちいいね」と声を弾ませていた。
良い話です。
春の日差しを受けてのユッタリとした二人乗りのツーリング。

高速道路を使えばちょっと遠くまで行くことができます。

交通安全に気を配って行きましょう。