6bcdc0f6.JPGフローティングホテル・スカンジナビアとして、西伊豆の名所だった客船スカンジナビア号が沈没してしまったそうです。
営業を停止して身売りされてしまい、新たにストックホルムに行く前に沈没してしまったそうです。
美しい船で、内装も豪華で素晴らしい船だったのに。
残念です。
客船「スカンジナビア号」沈没、潮岬沖えい航中に : ニュース : 関西発 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
2日午前2時ごろ、和歌山県串本町の潮岬沖約3キロで、中国・上海に改修工事で向かう途中の客船「スカンジナビア号」(5105トン)が沈没した。ス号は、えい航中のため、乗組員はいなかった。周辺に油が流出し、串本海上保安署の巡視艇などが、油の回収作業を行っている。

 同保安署によると1日夜、引き船の乗組員から「ス号が浸水し、傾いている」と田辺海上保安部に連絡があり、同町の港にいったん寄港。船体が左側に大きく傾き、沖に回避したが、沈没した。油は主に発電用の軽油という。静岡県沼津市を8月31日に出港、9日に上海に到着する予定だった。

 ス号は1927年、豪華客船として建造され、70年に伊豆箱根鉄道(本社・静岡県)が購入、静岡県沼津市の奥駿河湾で日本初の海上ホテルとしてオープンした。現在、スウェーデンのペトロ・ファースト・エービー社が購入、ストックホルムで海上ホテル・レストランとして営業する計画をたてていた。
写真は2002年の4月に訪れた際のものです。
この時には船でスカニナビアに行きました。

スカンジナビア 入口



スカンジナビア 側面




スカンジナビア ダンスホール