少し古い記事ですが、ハイオクとレギュラーに関してこのような記事がありました。

【走る曲がる止まる】ハイオク危うし,どころか高性能エンジン危うしの誤配管事件 - 日経ものづくり - Tech-On!
ハイオクの存在価値が問われる事件である。まず9月,三重県津市にある給油所で10年間にわたってレギュラーガソリンとハイオクタンガソリンを取り違えて売っていたことが明らかになった。続いて10月,埼玉県羽生市の給油所で8年間取り違えていたことが判明した。原因は共に配管のつなぎ間違いだった。誤配管そのものはもちろん問題なのだが,気になるのはその経緯。津での発端は改造車に乗る客からのクレーム。羽生は,津での発覚を受けて一斉点検した結果だという。つまり,2軒の給油所で8〜10年間間違ったガソリンを売り続けたのに,少なくとも黙っていられないほど文句があったのはたったの1人だったということだ。高いハイオクを買い続ける意味はなんだったのか。
町中を転がしている程度の負荷状態ではハイオクとレギュラーでは差が出ないからということでしょうか。
たしかに耐ノック性能が必要なのは高負荷高回転の時でしょうから、低負荷低回転の時には差がほとんどでないでしょうし、空ぶかしのような低負荷高回転でもあまり差が出ないのでしょう。
またターボエンジンや圧縮比がかなり高いNAエンジン以外ではあまり差が出ないのでしょう。