59e89a6e.jpg

73e59bd5.jpg

a83dcee6.jpg

cd725403.jpg

Finepix Z950EXR の広角〜望遠で撮影した写真です。

最大望遠のものはデジタルズームしたものを超解像のデジタル処理が施されています。


アップした写真データは、さらにファイルの縮小処理をしてあります。



とりあえずは広角〜望遠まで、デジタル処理があって擬似10倍ズームです。
まぁ、よろしいかと思います。

レンズが暗いので室内や夜間は厳しいのでしょうが、そこは裏面照射CMOSの能力でカバーしてくれるかと思います。

まずは日中の明るい場面での、お気軽な手持ちカメラとしては及第点ではないかと思います。

小さく軽く安いのですが、画像もまぁまぁでしょう。
私は、現段階ではこれ以上は望みません。


ちなみにAmazonで13,700円くらいでした。
費用対効果は上等な機種だと思います。




レンズが沈動式でないので電源ONでもレンズがせり出さないのもgoodです。
SONYのTX55よりもひと回り大きいのですが、赤外線通信機能を搭載したコンデジではFinepix Z950EXRは世界最小最軽量でしょう。

まさしく変態カメラの王道を行っているコンデジです。
しばらく活躍してもらいましょう。